テレビアニメレビュー最前線

テレビアニメレビュー最前線


ver2.0

2007年05月30日

今日の更新情報

CLAYMORE -クレイモア- 第09話 『斬り裂く者たちT』レビュー

CLAYMORE -クレイモア- 第09話 『斬り裂く者たちT』

CLAYMORE -クレイモア- 第09話 『斬り裂く者たちT』

CLAYMORE -クレイモア-、レビューです。

今回からクレア編に戻ります。

クレア、なんかラキに異様に優しくなってない?

でもかわいいから許す。

今回、クレアのクレイモアとしてのランクが、全クレイモア中最弱という事が判明。

でも、一応テレサの血と肉を受け継いでるんですよね。

強さには関係ないのかなぁ。

あと、覚醒者って妖魔より、弱いと思う。

妖魔を1とすると半人半妖のクレイモアは0.5+?。

とすると、

妖魔>>>>>>>>覚醒者>>>>>>>>クレイモア>>>>>>>>人間 になるわけで。

しかし実際は

覚醒者>>>>>>越えられない壁>>>>>>クレイモア>>>>>>妖魔>>>>>>人間

となっている。

ここから推察するに、上に示した?、つまり人間としての力がクレイモアや覚醒者たちに妖魔をしのぐ力を与えていると考えられる。

ただ、ここにクレイモアとして受けた訓練などは、加えられていませんけどねww。

今回の敵は、男の覚醒者、という事は、ずいぶん昔の、まだ実験段階のクレイモア、つまり、相当な長生きさんなわけですね。

この男、ラキに似ていて、中々ウザいです。

戦闘の最初にリーダーが負傷し、不利な状態で次回が始まります。

とはいえ、一応今回、数秒ですが、クレア覚醒フラグが有ったんで、次回はクレアが何とかしてくれるでしょう。

2007年05月27日

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第8話 『五月雨にクチナシは香りを放ち・・・後編』

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第8話 『五月雨にクチナシは香りを放ち・・・後編』

DARKER THAN BLACK 黒の契約者、レビューです。

いい感じに、笑いとシリアスがマッチした回でした。

探偵が笑担当、黒がシリアスで。

そうは言ったものの、今回の黒は、あまりシリアスではなさそうですけどね。。

マオの能力が初めてみられた回ですが、決めるとこ決めてますね〜

マオって契約者なのに、感情豊かですよね〜。

そこらへんの原因も気になります。

敵は、マオとおなじ憑依能力者ということで、マオも、何かしら感じるところがあったようです。
敵も自分も、同じように、自分自身の本当の体を失った者同士。
同族意識のようなものが今回のマオにはあったのかもしれない。

次回は、またシナリオに沿って進みそうです。

あの探偵とその助手は、出来ればレギュラー化してほしいですね。

クレイモア -CLAYMORE- 第八話 『覚醒』

クレイモア -CLAYMORE- 第八話 『覚醒』

クレイモア -CLAYMORE-、レビューです。

今回は鬱回でしたね。

前半。妖力解放したNO2〜4相手に優勢に戦いを進める、テレサ。

すごいですね。

SHI・KA・SHI!!!

全員やっつけたテレサは、殺す予定だったプリシラに情けをかけてしまいます。

マテ!!テレサ!!殺しとけ!!!

そしてその場を去るテレサ、しかし、怒りに燃えたプリシラは、テレサを追いかけます。

そして、自分の妖力の調節方法を知らないプリシラは、限界点を突破してしまいます。

またも情けをかけて人の姿を保っているうちに殺してしまおう、とするテレサの首を一瞬で刎ねてしまいます

プリシラを殺そうとするイレーネ達も、プリシラに一撃で殺されていきます。

最後、『腹が減った。』と言ってクレアのほうに歩いていくプリシラ。

しかし、なぜかテレサの横を素通りし、そのまま飛び立ってしまいます。

そして助かったクレア。

その場に残された死体の中で、クレアはテレサの首を抱いて泣き続けます。

・・・・・ぅぅぅ切ねぇ〜。

来週からは、またクレア編に戻るようですが、そちらも見逃せません。

2007年05月26日

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第八話『コンペイトウ夜話』

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第八話『コンペイトウ夜話』

アイドルマスターXENOGLOSSIA、レビューです。

えっと・・・突込みどころ満載過ぎて、どれからいこうか・・・。


まずは、ジョセフの水着姿から。

imas8-1.JPG

これには、全国のジョセフファンが萌え死にました。
もちろん僕もその一人ですが。
ジョセフカッコイイですよね〜。
※注:管理人はゲイではありません。

次に、雪歩の水着姿。

imas8-2.JPG

うはwwwこれはwwwww
反則ですね。すいません萌えてもいいですか。
サービスシーンのクオリティが以上に高いですね。
視聴者としては、うれしい限りです。


どうやら、インベルと春香はよるの逢引らしいです。
それにしても、このインベルは、はしゃぎすぎだと思います。

imas8-3.JPG

そして、問題のシーンはこの後。

春香がインベルのために脱ぐシーン。

インベルも、いつもどおり、春香をカメラに写すか・・・・にみえたが、インベルのカメラは、突如ズームし始める。
そして、インベルカメラの左端にでた、RECの文字。

imas8-4.JPG

ちょwwww。

先週、アイドルに心はあるか。とかいっていたのに。

盗撮とかずいぶん遠いところまできたな。

インベルは、僕達の夢をかなえてくれました。

最後は、真の登場シーンより。

imas8-5.JPG

これは、僕が鼻血で天井に血だまりを作ったシーンですね。

原作でも好きだったんですよ。真は。

XENOGLOSSIAでの真にも、こんなシーンはあるんですね。

では次回予告から。

imas8-6.JPG

・・・・・・ついにきましたね。

・・・・待ってました。

・・・・・次回に期待です。

2007年05月18日

今日の更新情報

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第7話 『五月雨にクチナシは香りを放ち・・・前編』レビュー

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第7話 『五月雨にクチナシは香りを放ち・・・前編』

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第7話 『五月雨にクチナシは香りを放ち・・・前編』

DARKER THAN BLACK 黒の契約者、レビューです。

いやぁ、こんな回は初めてだね。

作品全体のテンションがここで一気に変わりましたね。

どうかこのままのテンションで続けていって欲しいと思います。

今回現れた能力者は、人と入れ替わる事ができる能力者でしたが・・・・・

またずいぶんとへタレな能力者もいたもんですね。

能力自体は、かなりの物なのに。

黒は黒で、神出鬼没ですね〜。

本の整理ってwwww


なんかコツとかいるのでしょうか。

今回は、黒が主人公、というよりは、あの探偵が主人公みたいですね。

あの猫耳の女の子もえらく萌えさせてくれますね。

正直、黒の契約者に萌え要素がくるとは思わなかった。

作者のこの様子からいくと、『DARKER THAN BLACK 黒の契約者』は、だいぶ先が読めない展開になりそうです。

それにしても、今回の黒は妙に人間くさかったなぁ〜。フェルナンデスに爆笑wwwww

2007年05月17日

クレイモア -CLAYMORE- 第七話 『死者の烙印』

クレイモア -CLAYMORE- 第七話 『死者の烙印』

クレイモア -CLAYMORE-、レビューです。

テレサ、強いですけど、中々死なないですね〜。

クレアを守りながら闘っているわけですが。

ネットでの人気とは裏腹に、イレーネは個人的に好きでは有りません。

プリシラも、組織に操られてる感たっぷりで、やはり好きにはなれない。

この回の、クレアは可愛いですね。そしてテレサはカッコイイ。

また、声優が絶妙で。

クレイモア側の人は、好きにはなれません。

結局、彼らが行っている事は、人という種族を生き延びさせる事、であって、人道的支援ではないんですよね。

テレサも、初めは,人を助ける、とか、そういう気持ちで動いていたんじゃないんじゃないかな。

クレアと出会い、変わりましたね。

そんなクレアだからこそ、ラキと一緒にいるんでしょう。



完全に死亡フラグが立ったテレサ。

たぶん、次回は死ぬんじゃないかな。

果たして、この出来事が、クレアや、『クレイモア』という作品全体に与える影響は・・・・

今日の更新情報

クレイモア -CLAYMORE- 第七話 『死者の烙印』レビュー

2007年05月16日

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第七話『ただいま、おかえり』

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第七話『ただいま、おかえり』

アイドルマスターXENOGLOSSIA、レビューです。

前回、死亡フラグが立っていた春香さんですが。

imas7-1.JPG

どうやら、千早&ヌービアムに倒されてしまったようです。

さようなら、春香。いい最終回だった。

アイドルマスターXENOGLOSSIA 完

・・・・・・・・・この出来事で、春香は、自分がインベルに嫌われてしまったと思います。

そのときのフラッシュバック映像?どうやら春香は、昔親と何か問題があったようで、、、なら、祖父と暮らしているのも納得できます。

その経験から、今回の春香の気持ちは来ているのでしょう。

そんな春香に伊織は、『バカバカバカリボン!!!』と。

いったい何がしたいのでしょう、この娘は(笑)

そして、里帰りしてしまう春香。しかし、家に帰るわけにも行かず、草原でねっころがる春香。

すると突如爆音が。

imas7-2.JPG

インベルキターーーーーー。

イイトコ取りですね。コイツは。

さて、インベルが、いかにも『春香を迎えに来た。』みたいな感じの登場ですが、その場の近くに伊織が隠れていた、ということは、インベルは、伊織が引っ張ってきた可能性があり、とすると、インベルは、動かない可能性があります。

次回、インベルが動いてしまうと、今回春香が乗ったときに、インベルが動かなかった事に対しての説明は、『インベルに心があるから。』という説明がついてしまいます。
となると、真と他のメンバー間の摩擦の原因である、『アイドルに心が有るか無いか。』という議論は無意味な物となってしまいます。
この出来事を真はどう処理するのか。


スルーしてしまう可能性が大ですけどね〜。。。

今日の更新情報

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第七話『ただいま、おかえり』レビュー

2007年05月12日

このサイトについて リンクとか募集中。

このサイト、『テレビアニメレビュー最前線』は、管理人である私、いぬが独自の判断基準で選んだアニメをレビューするサイトです。

当サイトは、ごく一部において、アニメのキャプチャーレビューをしていますが、そのような画像の全ての権利は、放送テレビ局、製作会社に帰属する物とします。

リンクは、随時募集中です。
個人的に、いろいろな人と、わいわいやる事が好きな人間なので、コメント、トラックバック、相互リンク、なんでもどうぞ。

でも、余りに節度を守らない、コメントや、記事と全く関連のないと判断されるトラックバックなどは、予告なく削除する事があります。

同じく、相互リンクも、一定の条件を満たしているサイト様は、リンクをお断りさせていただく事があります。

それでは、みんなでアニメを楽しみましょう!!

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第六話『災厄の紅き夢は東欧に消えて…後編』

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第六話『災厄の紅き夢は東欧に消えて…後編』

DARKER THAN BLACK 黒の契約者、レビューです。

今回の黒かっこよかったっすね〜。

初めの黒がハヴォックを拷問しているところは、どうかと思いましたが、その後の黒がハヴォックに御飯を食べさせてあげるところとか、惚れるぜ黒様。
あと、黒は代価を必要としないらしい。

ってことは、あの大食いは素ディスカ!!!

ハヴォックは、喪失者となって、人間の心を取り戻したみたいです。

それにしてもハヴォックの能力が、子供の生き血をすする事って。

ルイを越えるいやな代価ですね。

ハヴォックは、自分が能力者としての能力を取り戻せば、一緒に記憶も取り戻すかもしれないと、黒に言います。

そして、黒とハヴォックは二人でゲートへ。

しかし、ゲートに近づくにつれて、ハヴォックの様子がおかしくなっていきます。

『もう誰も殺したくない!!』と叫ぶハヴォック。

ハヴォックは自分が黒のように、能力者でありながら、感情を持つことが出来ないという事をさとって、黒に自分を殺してくれと頼みます。

しかし黒は、

『お前はもう契約者じゃない。死ぬ必要もない。』といって二人で逃げ出そうとします。

そのとき、追いついたノーベンバー11がハヴォックを殺します。

そして、黒もピンチに。

どうやら敵さんには、黒の能力が、雷だという事がばれているようです。

あぁ。次回が気になる。
この辺からけっこう熱くなってくるんじゃないかと、予想。

2007年05月10日

今日の更新状況

クレイモア -CLAYMORE- 第六話 『テレサとクレア』レビュー

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第六話 『高度二万米』レビュー

2007年05月09日

クレイモア -CLAYMORE- 第六話 『テレサとクレア』

クレイモア -CLAYMORE- 第六話 『テレサとクレア』

クレイモア -CLAYMORE-、レビューです。

テレサ、デレ入ってきました。

クレイモアの醍醐味、ってやっぱこのデレですよね〜(爆)

今回は、テレサがクレイモアのおきての1つである、『クレイモアは人を殺してはならない。』というおきてを破ってしまう、という話です。

どのようないきさつでこんな話になったかというと、、、前回テレサがいった通り、テレサはクレアを街まで連れて行った。

その間、テレサはクレアに愛情を感じてしまいます。
しかし、そこはテレサ、クレイモアの鋼の精神でクレアを、街でクレアを安全に育ててくれそうな人のところに預けていきます。

そしてテレサは『人として幸せになれ。』という言葉をクレアに残し、街を去っていきます。

しかし、テレサは街から離れている途中で、盗賊達がさっきの街を襲おうとしている事に気が付きます。

・・・・・これ、相当街から離れている設定なのに、テレサはどうやって気が付いたんだろう。

テレサが街に着いた時には、すでに街は壊滅状態。

そして、気絶したクレアの髪の毛をつかんで、建物の影から出てくる、前回腕をテレサにとられたラキ似の男。(ぉ

それを見たテレサは我を忘れて、盗賊たちを全員皆殺しにいてしまいます。

おきてを破ったテレサは、クレイモア達に命を狙われるようになります。

そして、荒野で五人のクレイモアに取り囲まれたテレサ。

クレア『テレサッ!!テレサぁーーーッ!!!』(男につかまっている。)

テレサ『クレアはどうなるんだ?』

男『お前が知る必要はない。』

テレサ『ふっそれもそうだな。』

クレア『テレサッ!!テレサぁーーーッ!!!』(男につかまっている。)

そして五人のクレイモアがテレサに襲い掛かる。

五人のクレイモア『・・・・・・・ッ!!』

・・・・・・・ちょwwww今の所テレサ死ぬ所でしょ。

強すぎwww

『これからはこいつのために生きてみるよ。』というテレサに、クレイモアは、その組織内でも特に強いメンバーを終結させ、次回、討伐を決行するようです。

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第六話 『高度二万米』

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第六話 『高度二万米』

アイドルマスターXENOGLOSSIA、レビューです。

春香のオペレーションをする雪歩。

imas6-1.JPG

先週の最後のシーンでの発言が気になりますが、ジョセフにも、正式に春香のオペレーションを任され、オペレーションは、順調にいっているようです。

春香も、『インベルと一緒なら、何が来たって大丈夫。』、とかなり自信をつけた様子。

かなりの死亡フラグです。

そんなときに、出撃命令。

現場に急行する、真のネーブラと、春香のインベル。

しかし、肝心の隕石がどこにも見えない。

一生懸命隕石を探す二人。

そのとき、別の場所で次々と隕石が発見される。とりあえず、その場に隕石は見つからないので、そちらの方へ向かう二人。

だが、一向に隕石が現れる気配はない。

あずさ達は、基地がハッキングされている事に気付く。

その直後、基地と、ネーブラ・インベルとの通信が断たれてしまう。

しかし、インベルの前には巨大な隕石が。

春香は、それを壊す、、、すると壊した隕石の向こうから、ヌービアムが!!!!!!!!

・・・・・・ってまぁ、予想はついてましたけどね。


ヌービアムにボコられ、ダメージを受けるインベル。

imas6-3.JPG

ちょっとは反撃しようZE★

そしてボコられたインベルは高度二万メートルまで、持ち上げられます。

imas6-4.JPG

ちょ、本当に死ぬって。

2007年05月08日

今日の更新状況

瀬戸の花嫁 第6話 『お嬢さんお手やわらかに』レビュー
ランキングオンライン

2007年05月07日

瀬戸の花嫁 第6話 『お嬢さんお手やわらかに』

瀬戸の花嫁 第6話 『お嬢さんお手やわらかに』

瀬戸の花嫁、レビューです。

今回、ストーリーに問題はなく、中盤に作画がすこし落ちたように感じます。
でも、アニメの作画が、初期と比べてある程度落ちてしまう事は仕方のない事だと思います。

・・・・・ってなんでいきなりこんな話をはじめるかというと、
『瀬戸の花嫁の作画崩壊はひどい。』
という言葉を聞く機会があったからです。
一生懸命に作っている物を、『作画崩壊』の一言でけなしてしまっては、スタッフに余りに失礼でしょう。
作画が落ちる事がいい事だとは思いませんが、私達が軽軽しく口にしていい言葉じゃない気がします。


・・・・とまぁ、そんな感じです。

setohana6-0.JPG

今回は、学園編第二話ということで、学校の人(というか巡)に燦の正体がばれてしまう、というお話。

瀬戸の花嫁で、一番のネックになるのが、この、燦の正体が他の人間にばれてしまう、という事でしょう。

最終的に、巡には正体がばれてしまうのですが。

サルは正体に気付いていませんが。
というか、永澄必死だな。

setohana6-2.JPGsetohana6-3.JPG

次回は、いよいよルナが登場するようで、なんともいえない期待に身を震わせながら次回を待ちます。
posted by いぬ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(4) | 瀬戸の花嫁 レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

今日の更新状況

DARKER THAN BLACK −黒の契約者− 第5話 『災厄の紅き夢は東欧に消えて…(前編)』レビュー

DARKER THAN BLACK −黒の契約者− 第5話 『災厄の紅き夢は東欧に消えて…(前編)』

DARKER THAN BLACK −黒の契約者− 第5話 『災厄の紅き夢は東欧に消えて…(前編)』

DARKER THAN BLACK −黒の契約者−、レビューです。

なんかもう、能力者の見本市みたいな回でした。

ノーベンバー11と名乗るアイスマンやら、竜巻を巻き起こす女。

どこの○ーMENですかあなた達は。

しかし、そんな彼らも我らの黒様の敵ではないですね。

彼らの攻撃をするりとかわし、標的の女の奪取に成功。

この標的の女の人、黒様と昔、何かしらのつながりがあったようです。

でもなぁ〜、今回黒様の出番少なくないですか?

ん?もしかして今回黒様一言も喋っていない?

僕はどちらかというと、戦闘というよりも,黒様が他の能力者なり、普通の人間なりとの絡みを楽しみにしてるので、今回の評価は低いです。
ま、次回、面白い展開になりそうなので、そちらに期待です。
戦闘も嫌いじゃないんですけどね。
ブログランキング
べ、別に押して欲しいなんて思ってないんだからね!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。