プレゼントのキャンペーン集めました! インターネット広告  広告ブログ
テレビアニメレビュー最前線

テレビアニメレビュー最前線


ver2.0

2007年04月18日

がくえんゆーとぴあ まなびストレート第四話『プロモでゴー』

がくえんゆーとぴあ まなびストレート第四話『プロモでゴー』

今回は芽生が主役のようですね。
それにしても、このオープニングの前のちょこっとした奴。(?)
がむかつく!!
芽生の過去の話のようですが、芽生の周りのクラスメイト達は、クラスの委員長を決める際に、芽生を指名します。
芽生は、自分が回りのみんなから頼られているんだと思い、必死になって委員長を務めます。
まぁ、ここのあたりが萌えといえば萌えですね。
ある日、芽生がその日の掃除当番が掃除をしていなかったので怒ります。すると、その掃除当番は、『お前が委員長なんだからお前がやれよ。』といってきます。女子は女子で、『クラスのために働くのが委員長の仕事でしょ。』といいます。
・・・・結局は回りの人間に利用されただけでした。
芽生が教室でないていると、むつきがやってきます。
そして何も言わず芽生を手伝って机を運びはじめる。
クラスメイトにはむかついたけど、全体的にはいい話だな。

本編は、まなびたちがどうやったら、生徒たちに学園祭に対するやる気を出させるか、という事について話し合い、最終的に芽生の提案でプロモを創る事になります。
芽生はCGを使い、プロモを創る事になるのですが、すごい!!芽生のテクニックがすごすぎます。
高校生がここまでのテクニックを持っていていいんでしょうか。
ところが、その後の芽生を誉めるまなびたちの発言が、芽生のトラウマを呼び起こしてしまいます。
そして、芽生はそれ以来、学校にこなくなってしまいます。
それでも、まなびたちはプロモを創りつづけます。これを見て、小学校の時との違いに驚く芽生。そして、まなびが、芽生を利用しようとしていたのではなく、ただ、芽生と友達になりたかっただけなんだと芽生が気付いた時、芽生は再びCGの製作を開始します。
しかし、本番の生徒総会での発表の時、肝心のCGがバグを起こしてしまいます。そのとき、こないと思われていた芽生が颯爽と現れ、次々に指示を出し、無事性と総会でのPRは成功。
生徒たちにも大好評でした。

・・・・・・なんていい話なんだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レビューセンター: がくえんゆーとぴあ まなびストレート! / 第4話 プロモでゴー
Excerpt: 品質評価 35 / 萌え評価 30 / 燃え評価 9 / ギャグ評価 26 / シリアス評価 25 / お色気評価 7 / 総合評価 22<br>レビュー数 145 件 <br> <br> 学園祭の準備の時期。「聖桜にしかで..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-05-17 20:00
ブログランキング
べ、別に押して欲しいなんて思ってないんだからね!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。