プレゼントのキャンペーン集めました! インターネット広告  広告ブログ
テレビアニメレビュー最前線

テレビアニメレビュー最前線


ver2.0

2007年04月18日

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!第七話 『なつのおしまい(ばいばい)』

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!第七話 『なつのおしまい(ばいばい)』


場面は2035年、八月三十一日。
要するに夏休み最後の日です。
桃葉が他のメンバーにお土産を持ってきて、シカトされるされるところから,どうやらみんな何かに集中しているようです。

あと、今回からオープニングが変わりました。
オープニングに、放送倫理機構あたりからクレームがついたようです。
『スプレーを使って落書きをするのはどうか?』と。
・・・・・彼らはむちゃくちゃ頭が固いようです。
それでオープニングはキャラがスプレーで落書きをするところまでは同じで、その後、スタッフの名前が、ふわっと消えるようになりました。

事の発端は、生徒会が終業式の日,『九月一日学園祭WEB決戦直前完全リニューアルバージョン大公開!』といってしまったこと。
そのときは『楽勝楽勝。』と余裕ぶっこいてた割に全然終わりそうになく,皆さんあせっているようです。
過労でぶっ倒れそうになったまなび達は、みんなでお昼寝することに。

目がさめてから、光香がコンビニで花火を買おうとしていると、そこに愛光の生徒会長の多佳子が。
多佳子は、生徒会への差し入れを買い、光香と二人で生徒会へ。

多佳子は、まなびに話があってきたという。
学園祭の話になった時、学園祭に出店する店の配置や人間が全てわかっているまなびに多佳子は驚愕する。
まなびには、学園祭のビジョンがすでに見えているという。
まなびは、ここまで学園祭が盛り上がっているのは多佳子のおかげだといい、多佳子に礼を言う。
一方、愛光の理事長から、聖桜を吸収合併し、その折に今年の聖桜の学園祭は中止になる、という話を聞いていた多佳子は、板ばさみに悩む事になる。
どうなる!?聖桜学園祭!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レビューセンター: がくえんゆーとぴあ まなびストレート! / 第7話 なつのおしまい(ばいばい)
Excerpt: 品質評価 27 / 萌え評価 16 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 20 / シリアス評価 25 / お色気評価 3 / 総合評価 16<br>レビュー数 153 件 <br> <br> 夏休み最終日。学美たち生徒会はすっ..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-05-17 20:00
ブログランキング
べ、別に押して欲しいなんて思ってないんだからね!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。