プレゼントのキャンペーン集めました! インターネット広告  広告ブログ
テレビアニメレビュー最前線

テレビアニメレビュー最前線


ver2.0

2007年04月19日

クレイモア -CLAYMORE- 第三話 『まほろばの闇』

クレイモア -CLAYMORE- 第三話 『まほろばの闇』

クレイモア、クレアのレビューです。

クレイモアって、話が進むごとにどんどん暗くなっていくの?

クレアがかわいそうで・・・。

今回は、クレアとラキが、聖都に潜入するお話。
クレイモアであるクレアは、特殊な薬を飲んで、一時的にクレイモアとしての力を失います。
そのせいでクレアは、クレイモアとしての力の1つである、妖魔を見つける力を封じられます。
クレアの目は黒?に。

普通の女の子みたいなクレアも中々いいですね。
性格は相変わらずクレイモアのクレアですが。


街を歩いてる時にラキにクレアが、娼婦のマネもできる、といいます。
ラキはそれを慌てて断ります。
・・・・・何してんだよ、ラキ。
娼婦のクレアかぁ・・・・。
ってかクレイモアの連中はクレアにいったい何を教えてるんでしょうか。クレイモアにいってみたくなりました。


クレアのクレイモアとしての力を封じられた上での妖魔探し。
そして、クレアの妖魔探しの邪魔をする、街の兵士達。
彼らには、二日目にしてクレイモアだと気付かれるクレア。

クレアさん、もうちょっと隠そうよ。
クレイモアは、クレアに、もうちょっとこっちの方を教えてあげて下さい。


クレアが、街の兵士達と戦闘している時、修道院の方から悲鳴が。
駆けつけたクレアと街の兵士の前に現れたのは、『異常食欲者』と呼ばれる妖魔。
クレアは兵士を守りながら必死で戦うのですが、クレアは、街の兵士をかばい、倒れてしまいます。

どうなるクレア!!!

・・・・というのがクレイモア -CLAYMORE- 第三話 『まほろばの闇』なわけですが、今回は、クレイモアについて書きたい事がいっぱいあるのでここで書く事にします。

まず街の兵士は、戦闘はクレイモアにまかせてさっさと逃げるべきだと思います。そのせいで、クレアが傷ついたじゃないですか!!
まぁ、それにしても・・・・
クレアは傷つき過ぎじゃね?
いくらクレイモアっていったって限度があるでしょう。クレイモアの正確な能力値とかってどこかにのっていませんかね?
きっとクレアとか、100m5秒くらいなんでしょう。


最後のシーンでクレアは兵士達を気づかう場面がありました。クレイモアに感情がない、というのはウソですね、多くがクレイモアでの訓練中にそのようになってしまうのでしょうか。
でも、前回のクレアの友人っぽいクレイモアは、結構感情豊かに見えました、クレイモア個々によってちがうのでしょうか。
クレアはもともとああなのかな・・・・。
クレア=クーデレ?・・・ますますクレイモアが好きになりそうです。


次回のクレイモアのタイトル『クレアの覚醒』というのも気になります。
クレアにとうとうクレイモアとしての限界が来そうなタイトルです。
クレア死亡フラグ?クレイモアは、毎回が、最終回のようなありさまですね。
これが、クレイモアの醍醐味?なんでしょうか。
最近は、回をますごとにクレアに萌えることが多くなってきました。
クレアのクレイモア内での萌えキャラとしての地位の確立を祈るばかりです。
以上でクレイモア第三話のレビューを終えます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39397173

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:クレイモア/Story 3 「まほろばの闇」
Excerpt: 品質評価 19 / 萌え評価 41 / 燃え評価 41 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 50 / お色気評価 2 / 総合評価 27<br>レビュー数 36 件 <br> <br> ルブルの指令でクレアが次に向かった街..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-02 15:21
ブログランキング
べ、別に押して欲しいなんて思ってないんだからね!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。