_
テレビアニメレビュー最前線

テレビアニメレビュー最前線


ver2.0

2007年04月18日

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!第七話 『なつのおしまい(ばいばい)』

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!第七話 『なつのおしまい(ばいばい)』


場面は2035年、八月三十一日。
要するに夏休み最後の日です。
桃葉が他のメンバーにお土産を持ってきて、シカトされるされるところから,どうやらみんな何かに集中しているようです。

あと、今回からオープニングが変わりました。
オープニングに、放送倫理機構あたりからクレームがついたようです。
『スプレーを使って落書きをするのはどうか?』と。
・・・・・彼らはむちゃくちゃ頭が固いようです。
それでオープニングはキャラがスプレーで落書きをするところまでは同じで、その後、スタッフの名前が、ふわっと消えるようになりました。

事の発端は、生徒会が終業式の日,『九月一日学園祭WEB決戦直前完全リニューアルバージョン大公開!』といってしまったこと。
そのときは『楽勝楽勝。』と余裕ぶっこいてた割に全然終わりそうになく,皆さんあせっているようです。
過労でぶっ倒れそうになったまなび達は、みんなでお昼寝することに。

目がさめてから、光香がコンビニで花火を買おうとしていると、そこに愛光の生徒会長の多佳子が。
多佳子は、生徒会への差し入れを買い、光香と二人で生徒会へ。

多佳子は、まなびに話があってきたという。
学園祭の話になった時、学園祭に出店する店の配置や人間が全てわかっているまなびに多佳子は驚愕する。
まなびには、学園祭のビジョンがすでに見えているという。
まなびは、ここまで学園祭が盛り上がっているのは多佳子のおかげだといい、多佳子に礼を言う。
一方、愛光の理事長から、聖桜を吸収合併し、その折に今年の聖桜の学園祭は中止になる、という話を聞いていた多佳子は、板ばさみに悩む事になる。
どうなる!?聖桜学園祭!!

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!第六話『シナモンシュガーレイズド・ハピネス』

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!第六話『シナモンシュガーレイズド・ハピネス』

今回は、学園祭の準備のお話のようです。
芽生が作ったサイトも、生徒たちのは受けがよく、学園祭への出店申し込みも順調に進んでいる模様。
生徒会の仕事の帰りがけに、光香の目は、予定表の『ソフト県大会』に止まる。
帰りがけに光香がむつきにそのことを聞くと、むつきは、『勝負事だし、そういうこともある。』と力なく笑う。
家に帰ってから、光香は、その県大会の記事を見る。
写真に写っているのは、エラーをするむつきと、『痛恨のエラー』の文字。
それを見て、光香は気付いてあげればよかった。と反省する。

場面は光香とむつきが初めてであった場面へと移る。
入学式の日,道で転んでしまった光香に手を差し伸べたのがむつきで、それが二人の出会いだった。
夜、光香が試験勉強をしようとむつきの家にくる。
そして、なぜか競って試験勉強をはじめる二人。
しばらくして、問題がわからなかったらしく、難しそうな顔で休けいをはじめる二人。
・・・・・・・ミスター○ーナツで休けいを始め、そのままカラオケで歌い、朝になるまで遊ぶ二人そしてやっぱり試験は全くうまくいかず。

・・・・ま、やっぱこうなりますかね。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート第五話『二人っきりの夜』

がくえんゆーとぴあ まなびストレート第五話『二人っきりの夜』

題名からしてすごいストロベリーパニック臭がします、淡い期待を寄せつつ見ることにします。

まず、おたふく風邪だと診断された時のまなびの顔に大爆笑しました。
この顔は反則です。

本編は、芽生が授業を受けているところから始まります。
・・・・・・にしても、平野綾英語うめぇーーー。
いまだに全文日本語読みの僕から見れば雲の上です。
声優ってすごいなー。

今回は光香と芽生がいかにして仲良くなるか、という主題ですね。
まなびの病欠により、芽生とふたりっきりで生徒会をやる事になった光香。
中々自分から話をする事が出来ないみかんはむつきに相談します。
それでもいい案は出ず、悩む光香。
一方、光香からの電話を強引にきったすぐ後に芽生から電話がかかってくるむつき。

光香は、実際に話すのが苦手なら、メールで思いを伝えよう!!と、まなび的発想手紙を買いにいきます。

しかし、売り場で光香は、芽生にあってしまう。誰に書くの?という芽生の問いにまなびへ、とうそをついてしまう。
次の日の朝、芽生から光香へ手紙が届く。
むつきに電話したら、光香へ手紙を書けばいいといわれたようです。
その手紙を見て、光香は学校へと走り出します。

それから、学園祭のテーマを決める。という形で二人は共同作業を開始します。
そして二人は、『トモダチからナカマへ』というテーマを作ります。
それがまなび達にも認められ、いよいよ、学園祭のテーマとして決まりました。

光香と芽生の関係をそのまま学園祭のテーマにしたんですね。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート第四話『プロモでゴー』

がくえんゆーとぴあ まなびストレート第四話『プロモでゴー』

今回は芽生が主役のようですね。
それにしても、このオープニングの前のちょこっとした奴。(?)
がむかつく!!
芽生の過去の話のようですが、芽生の周りのクラスメイト達は、クラスの委員長を決める際に、芽生を指名します。
芽生は、自分が回りのみんなから頼られているんだと思い、必死になって委員長を務めます。
まぁ、ここのあたりが萌えといえば萌えですね。
ある日、芽生がその日の掃除当番が掃除をしていなかったので怒ります。すると、その掃除当番は、『お前が委員長なんだからお前がやれよ。』といってきます。女子は女子で、『クラスのために働くのが委員長の仕事でしょ。』といいます。
・・・・結局は回りの人間に利用されただけでした。
芽生が教室でないていると、むつきがやってきます。
そして何も言わず芽生を手伝って机を運びはじめる。
クラスメイトにはむかついたけど、全体的にはいい話だな。

本編は、まなびたちがどうやったら、生徒たちに学園祭に対するやる気を出させるか、という事について話し合い、最終的に芽生の提案でプロモを創る事になります。
芽生はCGを使い、プロモを創る事になるのですが、すごい!!芽生のテクニックがすごすぎます。
高校生がここまでのテクニックを持っていていいんでしょうか。
ところが、その後の芽生を誉めるまなびたちの発言が、芽生のトラウマを呼び起こしてしまいます。
そして、芽生はそれ以来、学校にこなくなってしまいます。
それでも、まなびたちはプロモを創りつづけます。これを見て、小学校の時との違いに驚く芽生。そして、まなびが、芽生を利用しようとしていたのではなく、ただ、芽生と友達になりたかっただけなんだと芽生が気付いた時、芽生は再びCGの製作を開始します。
しかし、本番の生徒総会での発表の時、肝心のCGがバグを起こしてしまいます。そのとき、こないと思われていた芽生が颯爽と現れ、次々に指示を出し、無事性と総会でのPRは成功。
生徒たちにも大好評でした。

・・・・・・なんていい話なんだ。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!第三話 『月曜日じゃ遅すぎる』

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!第三話 月曜日じゃ遅すぎる


今回は学年対抗ドッヂボールがメイン。
ええのぅ体育着は
ドッヂボールのシーンでは、芽生顔当たったボールの跡がついているのが面白かったです。

ツッコミ@
愛光の生徒会長、多佳子とまなびが会話するシーン。
多佳子は論理的かつ深い視点で話をしているのですが、それを聞いているまなびはただ猛烈にてれているだけ。
・・・・・・人の話を聴けよ。

ツッコミA
まなびが愛光にいって戻ってきた時のシーン。
まなびが帰ってきたと知った武文は、今夜の料理の説明をはじめる。
しかし、それを

まなび『いらない。』

の一言で切り捨てるまなび。
ショックで取り乱す武文。
部屋に上がっていってしまったまなびの前に取り残された武文は、

武文『・・・・・・反抗期か?』

しばらくして、急いで部屋から出てきたまなびに

武文『ま、まなび!!兄ちゃんに言いたい事があるなr

まなび『後で後で!!』

へたり込む武文。
この武文に萌えました。



夜、友人達を呼び出し、5人全員で学校に集合するまなび達。
もし、僕が同じことを友人達にやったら確実に袋叩きに遭いますね。

ツッコミB
そして、まなびは集まった友人達に

まなび『愛光みたいな学園祭を目指すんじゃなくて、私達が考えた私達にしか出来ない、世界に一個しかない・・・・・・・できるよ!!だって何にも決まってないんだもん!!だって真っ白なんだもん!!』

突如、謎の白い光がまなび達を包み込みます。
・・・・・こ、これは!!固有結界!?

まなび『まっしろ!!ってことはなんだってできるってことでしょ?』

次の瞬間、まなびの服がワンピースに変わり、背中から羽が生えてきます。
・・・・・・なんだってってやっぱり出来る事件と出来ない事は有ると思います。

ツッコミC
上のシーンのすぐ後の事なのですが、まなびの固有結界から脱出した光香達の顔に明らかに影が出来ているんですよね。
・・・・・!!これってまなびの固有結界が本物だったって事ですよね?
・・・・って事は一話の桜吹雪も本物だったんかい!!

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!第二話 『まっすぐでゴー』

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!第二話 まっすぐでゴー
どうやら第二話から、オープニングがあるようですね。
・・・・かわいい。このオープニングいいよ!!
おじさん萌えちゃうなぁ。

登校中、やたらハイテンションで回りにあいさつするまなび。
いるよなぁ、クラスに一人はこういう奴。

その後、光香の語りの部分で『まなびちゃんはいつでも元気いっぱい。元気すぎてちょっと圧倒されるところもあるけど・・・』という部分が。
ま、控えめな光香には、このぐらいしかいえないのでしょう。
正直にキチガイだといってやれ。

ツッコミ@
光香の説明
生徒会室の掃除をする事になったまなびと光香。
このとき光香がホワイトボードで中に置かれている書物の説明をしていた。そのホワイトボードをよく見てみると・・・・
・・・・白亜紀!?
いつからあるんだよ、この生徒会。

ツッコミA 芽生のツンデレ
その生徒会の手伝いに、なんだかんだいって参加する事になった芽生。
顔とか、声優的に、ツンデレな臭いがプンプンしますね。
そして、帰るときに芽生が言った一言。

『いっとくけど!!本当に手伝いにきたわけじゃないんだからね!!』

ツンデレキターーーーーーー!!
・・・・実際にアニメで言うんだ。こんなセリフ。
サイトのマスコットキャラにしたいです。ツンデレに弱いんで。
第二話のエンディングは、一話のクレイアニメーションではなく、普通のアニメ。
一話の時も思ったけど、このアニメの次回予告かっこいいな。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!第一話 『学美星人、あらわる』

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!第一話 学美星人、あらわる
今日からがくえんゆーとぴあ まなびストレート!のレビューをはじめたいと思います。
まずは、光香が学校に遅刻しそうになっている場面。焦っている光香の前に現れた、謎の少女、学美。
・・・・・・暗い。逆光で学美の顔が見えない。そのせいでなんか思いっきり悪役に見えます。
いきなり橋の上から落下してきた学美にビビる光香。
そんな光香の事はまるで無視し、『聖桜の子でしょ?乗って乗って。』と、エアロバイクの上から、なれなれしく光香に話かける学美。
光香が乗ると、学美は突如すさまじいスピードで、運転をはじめる。
この後運転をしている時の描写で、曲がり角を曲がる時に、明らかに学美が人間を一人二人殺ったかのような描写があるのですが、学美と光香は、そんなこと気にも止めず、暴走を続けます。・・・・・この時代の法律はいったいどうなっているんでしょうか。
その後、学校の方向がわからなくなった学美は、『まっすぐGO−!』という謎の叫び声とともに、人の家の庭に突っ込んでいきます。
・・・・もう、アニメの主人公というよりは、ただのキチガイにしか見えません。後ろに光香を乗せている、とか、そういう責任感はないのでしょうか。
すっかり忘れていましたが、私立聖桜学園に転入する事になっていた、学美。
転入早々、やってくれました。光香の生徒会長急募の言葉に、バイクで扉をぶち破りながらの登場です。さすがにキチガイは違います。
そしていきなりの生徒会長立候補。もう痛快すぎて鳥肌が立ちます。
さらには、いきなり歌い出し、生徒と教師と光香を震撼させます。
ここで、学美の特殊能力、固有結界が発動。講堂が突如さくら吹雪の舞うフィールドに変化。
そして、なぜか全員が学美が生徒会長になることを認めてしまいます。
・・・・・・なんかもうすごいですね。
次回もキチガイ学美と巻き込まれてしまう光香に期待です。
ブログランキング
べ、別に押して欲しいなんて思ってないんだからね!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。